チームババチャップとしてババチャップ用トマトを栽培していただく仲間に、安芸区瀬野にある就労継続支援B型事業/就労移行支援事業 施設、「ノイエ」さんが新しく加わって下さいました。

どんな人にも「働く」喜びを。と進めてきた「ババチャップ」、敢えて商品タグを手作業で作ったり、わざわざケチャップ用にトマトを栽培したりなど、徹底して「手間」をかけて生み出されています。まだ寒い2月、一粒の種が阿戸町の育苗センターで芽吹き、人から人へ繋がって夏には全国のお客さまの食卓へ届く、そんな物語を毎年描いています。

そこへお声かけくださった、チームババチャップの竹中さん。実はこのノイエでアルバイトをしていらっしゃった事があるとか。コンセプトを理解して、ご縁をつないでくださいました。こういったご縁こそ、ババチャップという「ケチャップ」を育てる上で大切な太陽と水と土の次に大切な栄養素のようです。

施設では初のチャレンジということで、たくさんの方々が植え付けに参加してくださった様子。こんな光景を拝見させていただくだけで、今中さんと一緒にじんわりと、お腹の上のあたりが暖かくなる感じで自然と笑みが溢れます。

ノイエのみなさまと、そのご家族のみなさま、職員のみなさま、どうぞこれからよろしくお願いします!

ノイエさんインスタグラム

ノイエさんフェイスブック